My Site

My Site

My Site

My Site

肥満と便秘改善で行う尿失禁予防

最近、尿漏れに悩む女性が増えています。

妊娠線消すノコアを塗ったことがある出産経験のある女性や中高年の女性は特に注意した方がよいでしょう。

尿失禁は予防することができます。肥満の場合は尿失禁になる確率も高くなります。

早いうちからダイエットを考えておいた方がよいかもしれません。

肥満になると、膀胱を圧迫してしまいます。
膀胱が圧迫されてしまうと、尿漏れに進行する可能性があります。
適度な運動を取り入れて、肥満を改善しておきましょう。
便秘もまた尿失禁を引き起こす原因です。

便秘により、膀胱は圧迫されてしまいます。

定期的な排便習慣を身に付けて便秘を改善しておくようにしましょう。

他にも、嗜好品は控えた方がよいかもしれません。

トイレが近くなると、尿失禁にもなりやすくなります。

利尿作用をもたらすカフェインは控えておきましょう。

お茶やコーヒーは適度が無難です。

そして、骨盤底筋を鍛えておくと、尿失禁を予防することが可能です。

体操などを取り入れて、対策を行うようにしてください。

いろいろな尿失禁のタイプと原因

男性よりも女性の方が尿失禁になりやすくなっています。

長寿の秘密 DVDを視聴するとわかる通り、尿失禁のタイプはさまざまです。尿失禁のタイプごとに原因や症状を知っておきましょう。

女性が一番なりやすいのは、腹圧性尿失禁です。
これは重いものを持った時などに尿漏れが起こりやすくなります。

くしゃみや咳でも尿漏れが起こってしまうかもしれません。
骨盤底筋群が弱くなっている可能性があるでしょう。

切迫性尿失禁とは、尿意切迫感により尿漏れが起こる症状です。

この症状の特徴は尿意を感じた時に我慢ができないところです。
骨盤底筋群の弱体化と膀胱自体の老化が考えられます。

他にも、溢流性尿失禁があります。これは膀胱に排尿の力がなくなることです。
ただし、蓄尿はできるため、膀胱からは尿があふれ出します。

運動機能障害や認知症で起こりやすいのは機能性尿失禁です。
脊髄損傷などが起こると、反射性尿失禁になる可能性があります。

このように尿失禁のタイプはいろいろあるので、自分の症状と比較してみましょう。
そして、できるだけ早い段階に対策を行うことが大事です。

さまざまな尿失禁の治療法

女性はこれから先、尿漏れが治らないかもしれないと不安に感じがちです。

そんなに心配する必要はありません。
早めに病院に行くことで尿漏れは治療することが可能です。

尿失禁の治療法はさまざまです。

失禁の症状が軽い場合は、骨盤底筋体操を行うことで改善できます。
体操を続けるだけでも、8割の人の症状が改善するでしょう。

病院に行くと、薬物療法をすすめられる可能性もあります。
切迫性尿失禁と腹圧性尿失禁では、違う尿失禁の治療法が用いられます。
症状に合わせて適切な方法を教えてもらうことが大事です。

切迫性尿失禁の場合は、電気刺激療法が用いられるでしょう。
腹圧性尿失禁であっても、50%くらいの人には効果的です。
この方法では、骨盤底筋群を鍛える効果があります。

外科的な療法ももちろんあります。

症状がなかなか改善されない場合は、ステップアップして行くことになるでしょう。
まずは、専門医に相談してみてください。

自分の状態に適した尿失禁の治療法で症状を改善することが大事です。

女性に多い切迫性尿失禁と腹圧性尿失禁

尿漏れと尿失禁が別のものであると判断されがちです。

しかし、尿漏れのことを医学用語で呼ぶと尿失禁となります。
つまり、これらは同じものです。

では、尿漏れとはどのようなものでしょうか。

尿漏れとは自分の意志とは関係ないところで尿が漏れてしまうことです。
尿漏れは体の構造の関係で女性に発生しやすくなっています。

尿漏れにはいろいろな種類があります。
女性に多いものといえば、切迫性尿失禁です。

切迫性尿失禁は、急な尿意切迫感にかられます。
そして、切迫性尿失禁はトイレに間に合わずに漏れてしまいます。

排尿は脳によって管理されています。
しかし、何らかの障害により、コントロールが上手く行かなくなってしまうと、このような状態になります。

切迫性尿失禁は膀胱自体の老化が原因になることもあるでしょう。

他にも、腹圧性尿失禁というものがあります。

腹圧性尿失禁はせきやくしゃみをした時に尿漏れが起こります。
最も女性に多い症状といえるでしょう。
腹圧性尿失禁は骨盤底筋群が弱くなると起こりやすいといわれています。

My Site